So-net無料ブログ作成
おそとごはん ブログトップ
前の1件 | -

白山・満津美鮨へ再訪。 [おそとごはん]

うつぼさんのブログを読むたびに、ため息ばかりでていた白山の満津美鮨さん。

先日の新子のときは、殺意すら・・・(笑

そんなお話を、懇意のお客さまとしていたら、行こう!!というお話になり、

とんとんとん、、、と話は進み、7日に行って参りました♪

今回は、つるちゃんのお客さまNさん♂とMさん♀と私とマスター、計4人で。

私は三度目。マスター二度目でございます。

うつぼさんに予約をしていただきました。ありがとうございます!

もちろん昼の仕事は早仕舞い。お昼はオニギリで済まして(笑

前置きはこれくらいにして、レッツ・ゴー。


「こんにちは。」と大将にご挨拶しますと、「つるちゃんですか?」と。

優しいお顔が変わっておりません。うれしいなぁ。

「よろしくお願いします。」とみんなでご挨拶したのち、さっそくいただきます。

DSC_1916.JPG

まずはビールで乾杯♪

DSC_1915.JPG

お通しは三種。 枝豆・くらげ・トマトサラダ。 

風味のある枝豆でとてもおいしい。 クラゲはお代わりしたいほどコリコリ。

DSC_1914.JPG

毎度のイカげそのツメ和え、山葵が効いてます。いつ食べてもおいしい。

NさんもMさんも初めての味ということで、とっても喜んでおりました。

DSC_1919.JPG

お造り。 二人分を二つ作ってくださいました。

ツブ貝、赤貝、まぐろ、新子、鯛、ズワイガニ。 

この美しいお造りに、歓声。 テンションが高くなり始めて・・・

ここで、マスターとNさんは日本酒にチェンジ。

DSC_1920.JPG

底抜け。

DSC_1925.JPG

飲みやすいキケンな酒、、とマスターが申しておりました。

私は、麦焼酎。Mさんは烏龍茶。

DSC_1921.JPG

マスター注文のホッキ貝。 プリプリ!甘い!

DSC_1918.JPG DSC_1917.JPG

穴子は、タレと塩で。

ホロホロと溶けるような穴子に、みんなで感激。

DSC_1922.JPG

Nさんご注文の鮭はらす焼き。 脂ノリノリ!

にこにこ大将に、「飯能ってご存知ですか?」と聞くと

「知ってますよー。ゴルフで行ったことがあります。」というお答え。

「飯能って山奥だから、こんなに新鮮なお魚がなかなか食べられないんです・・・」

「飯能からわざわざありがとうございます。」

ふと見ると、お店も満席。

そろそろ握っていただきましょうか。ということで

DSC_1923.JPG

マスターと私は、もちろん新子!! これを食べに来たんですから♪

幸運なことに、新子はこの日が最後ということでした。

マスターが心から喜んだのは言うまでもありませぬ。。

DSC_1926.JPG

Mさんとマスターご注文の鯵。 Mさん大喜び!

次は鯖。残念ながら写真なし。

DSC_1928.JPG

私の大好きなひもきゅう。

みんなでつまんで。

DSC_1927.JPG

Nさんご注文のトリ貝。 大きな手はもちろんNさん。

Nさんがお寿司屋さんのおいしいかんぴょう巻きを食べたい!ということで

DSC_1934.JPG

かんぴょう巻き。 かんぴょうの煮方が上手ですねぇ。

甘くない寿司飯と甘いかんぴょうがとってもおいしいです。

DSC_1929.JPG

私とMさん、卵焼き。

DSC_1935.JPG

マスターとMさん、まぐろ中トロ。

DSC_1932.JPG

私、イカ。

DSC_1931.JPG

Nさん、ベーコン。

DSC_1933.JPG

NさんとMさん、仲落ち巻き。 

DSC_1930.JPG

Mさん、あなご。

最後に、、、、

DSC_1936.JPG

高菜巻き。

お椀をお願いして、終了。


まあ、よく飲んで食べました。

日本酒一本、焼酎一本、ビール二本。

たくさん食べてお腹いっぱい。

満足満足。

NさんもMさんも、本当に喜んでくださって良かった!!

うつぼさんに教えていただいた満津美鮨さん、少々遠いのですが、

また新子の時期にお邪魔できたらいいなぁ。。と思っています。

ごちそうさまでした(*^_^*)

毎度、ありがとうございます(^^♪


nice!(7)  コメント(5) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の1件 | - おそとごはん ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。